>レポート>ゴルフ会員権をお得に売却!必要書類は事前に把握しておこう

ゴルフ会員権をお得に売却!必要書類は事前に把握しておこう

クラブとボール

ゴルフ会員権とは

会員制のゴルフ場でゴルフをプレーしようとするならそのゴルフクラブの会員になる必要があります。そのためにはゴルフクラブ発行の株式を購入するか、保証金に相当する預託金を提出してゴルフ会員権を取得しなければなりません。預託金方式をとっているゴルフ場の方が多くなっています。記名式会員権の場合は会員権取得に伴って名義書き換え料が必要になります。この他に年会費制が一般的なので会員は年会費も支払う必要があります。会員になると会員でない人と比べて割安でプレー出来たり、優先的にプレー予約のとれる割安枠があります。また、ゴルフ大会が開催される場合の参加資格が取れるので、ゴルフ好きの人にとってゴルフ会員権取得は必要不可欠なことになります。ところが、全国の大都市圏周辺には沢山ゴルフ場があり、雰囲気や設備、会員権相場等がピンキリの上、プレーのしやすさや行きやすさがまちまちなのでゴルフ場選びに迷うことになります。自分のプレー条件に合うゴルフ場を選ぶことが大切です。

男性

売却するタイミング

ゴルフ会員権の多くは預託金方式をとっているため、退会したければ会員権をゴルフ場に引き取ってもらうことができます。但し、預託金より相場の方が高くなっていれば市場で売買する方が有利なので市場に出すことになります。逆に、相場より安ければゴルフ場に引き取りを要求しますが、すぐに引き取ってくれるとは限りません。現状では多くのゴルフ場の経営が青息吐息の状態なので売却の要求が増えると経営破綻する可能性があるからです。破綻してしまうと預託金はほとんど戻ってこなくなるので売却要求のタイミングが難しくなります。一方、会員権が株式化していれば市場で売却できますが、東証に上場している株式の売買と違って売り手と買い手の人数が少ないのが特徴です。しかも、相対取引ですから相場が発表されていても取引価格はしばしば大きくぶれることもあります。ゴルフ人気がすっかり冷めた現在、預託金方式、株式方式のいずれでも買い手の少ない状況が続いているので、希望する価格で売却するには時間をかける専門サイトを注視する必要があります。

広告募集中